責任と愛情

Date - 2017.01.12  Category -

社内間コミュニケーションについて管理者の方々からよくお寄せ頂くお悩み。

それは、

 

「部下を叱れない」 です。

 

理由は様々ですが、 

「女性にには言いにくい」と言われる男性管理者の方や、

「身体的な事(例えば口臭)は、言えない」と苦手なテーマを持って言えないと訴える方もいらっしゃいます。

 

でも、いずれにしてもそれを放置することは出来ない。

 

言わなければ改善されないし、他の問題を誘発すつ原因にもなりかねません。

社内で言われるうちはまだ社内問題だけで済みますが、これが顧客や外部から指摘された時には

ご本人のショックはもっと深く、フォローにも時間はかかり最悪の場合には不信感などからの退職もあり得ます。

 

教育上、時として「叱る」は本当に重要なコミュニケーションです。

社内や身内であるからこそ、

「責任」 と 「愛情」 もって正しく叱って頂きたいのです。

 

顧客や外部から言われた時には社名の評価を下げ、本人も傷つきます。

 

身内であるからこその 「責任」 と 「愛情」。

指導者はこれが最も重要なスキルであると考えます。