研修コラム ~分かれば出来る!~

Date - 2018.08.04  Category -

毎年のスケジュールの傾向ですが、本当に土曜日は人気の曜日。

時間の確保がしやすいのか、土曜日に研修を依頼されることは多くてほとんど1年間がすぐに埋まります。

 

本日は、5回コースで開催する「リーダー研修」です。

 

一般的にリーダー研修で対象とするのは、入社から3年~5年程度で

丁度後輩の面倒・指導を会社から期待されるようになってくる時期です。

 

組織では、一匹狼のような誰とも関わらず後輩のケアをしないリーダーよりも

数人の小チームで後輩の育成に関与してくれるリーダーの方が歓迎(評価)される傾向にあります。

今回は、その為に実施するもの。

 

 

数回の研修で構成するコース型では、初回に出来る限りの関係性を構築するために

かなりの時間をかけてアイスブレイクを行います。

受講生の緊張感を拭い去り、出来るかぎりリラックスした状態で研修に集中できる「思考状態」を

作り上げていくためです。

 

その為の簡単なワークとして「漢字一文字」をよく行います。

 

私講師の自己開示(自己紹介)や、研修の目的などを1時間程度かけて丁寧に行い

その直後に受講生のリアルタイムな感情や心境を漢字一文字で表すワークです。

出された漢字によって、受講生の心境を理解しそれに合わせた対応を心がけます。

 

本日は緊張の「緊」、研修が苦手だから震えるの「震」などが出されました。

 

そうですよね。慣れない研修でしかも「リーダーになる心構えとその技術」なんて言われれば、

何を強要されるかと予測で心理もいっぱいになるのも分かります。

 

でも、初日であった本日の総括では

「楽しみになってきた。」

「やることが明確になった気がする。」

「気持ちの整理が出来た。」 など顔の表情も明るくなってきます。

 

人は誰でもそうだと思います。

全ては「分からない」ことが強い恐怖心になってしまうものだと思います。

 

身体が痛くてつらいのに、原因が分からない。

おばけの、正体が分からない。

いつ、災害がくるか分からない。

未来に、何が起きるのか分からない。

 

これら全て分かってさえいれば、その恐怖心は半減するのではないでしょうか?

最後まで幾分かの恐怖心は残りますが、分かれば「対策」や「準備」することが出来るので

何となく乗り越える可能性や努力という自己解決にも対応できます。

 

入社してすぐの「新入社員研修」、3か月後の「フォロー研修」、数年後の「リーダー研修」など

心と技術の成長に合わせて、やはり教えてあげて欲しいと思います。

今の自分に何が武器として備わっていて、何がこれから補うべきなのか?

 

 

教育という研修の機会があれば、もっともっと社員の皆様は自由に楽に活動できると感じた本日でした。

5回の最後までがとても楽しみです。貢献していきます。