新入社員研修のご案内

Date - 2016.02.12  Category -

人事ご担当の皆様

 

 

社員教育専門のカリタインストラクターアカデミー㈱のトレーナーの大澤でございます。

 

2016年ももう2月となり、そろそろ各企業様では新入社員の受け入れ準備などにお忙しく

なるころであるかと思います。

最新の有効求人倍率では1.27倍と24年ぶりの高水準となり企業の人材確保は今後もさらに

困難になるであろうと予測され、まさに確保できた人材は「企業の宝」。

 

優秀な人材を新メンバーとして迎え入れ、1人とも失わず戦力とするためにも入社直後の

教育はとても重要です。

2016年も合同新入社員研修を企画致しましたので、この機会に是非ご利用下さい。

 

ご案内資料はこちらをご覧ください

↓↓↓

http://carita-ia.com/2016NEW.pdf

現在、4月6、7日開催の2日間コースのみ空席がございます。

 

こんな企業様に向いています

1,少人数採用で講師を自社で派遣依頼するまでのコストはちょっと負担・・・。

2,これまで銀行などの研修には参加したが効果がイマイチ・・・。

3,社会人のマナーも大事だが、もっと社会人意識やコミュニケーションを身につけて欲しい!

 

 

カリタの新入社員研修の特徴と効果

1,意識改革が得意です。

  マナーの技術以前に、まずは社会人になる為に必要なマインドを定着させます。

  不安100%であった状態から「自分でも出来る!」の自信にまで意識を引き上げます。

 

2,習得率が断然違います!

  研修に不慣れな社会人1年生にも納得しやすい物語性のある研修プログラム。

  これまで学生時代に学校で学んできたこととの関連性も計算されているので深い理解に 

  導くことが可能です。

 

3,「楽しい!時間の経つのがあっと言う間!!」

  講師が正しい回答を与えるのではなく、全てのプログラム毎に自ら考えチームで意志交換を

  深く行なっていくので楽しさが断然違います!

  人は「楽しい」時だけ最も高い集中力で知識を吸収していきます。

  この高い集中力にこそ、身に付くコツが隠されています。

 

4,企業に受講レポートを提出します。

  研修受講生の皆様には、受講レポートを作成していただき各職場に持込みその成果を

  報告致します。

  研修で習得した内容やご本人が「変えていく」と決意している内容を人事や職場の先輩には

  確認をしていただき、その意欲の需要をお願い致します。

 

5,個別のプロファイリングを講師から提出します。(ご依頼の時のみ有料にて実施)

  50名以上の合同研修ですが、自社のメンバーのプロファイリングをお求めの場合には、

  実施時間内に私が徹底的に分析しレポートを持参致します。

  お一人様20,000円(外税)でお取扱い致します。

 

 

導入をご検討の企業様へ

新入社員研修へ参加される新入社員の皆様は大変真面目で、

しかも最近の傾向では社会への情報があまりにも少なく、

社会人デビューすることを恐れている方が増えています。

この事から、新入社員研修を受講すれば良いだけではなく、

職場内の先輩社員・上司の方々の関わり方も大変重要となり

下記のことにご留意頂きたいと思います。

 

1,ゆとり世代などの差別語を使わない!

  これまで多くの若者と接してきておりますが、この言葉で括られることに大きな悲しみ葛藤を抱いています。

  本人曰く「生まれてからこれまで、素直に大人の言うことを聞いて来ただけ。

  それなのに差別的に扱われることに怒りも悲しみも感じます。」と良く聞きます。

  憧れたい先輩や上司からのこの言葉はショックなようです。

  世代でまとめてしまうような概念ではなく個々に焦点を当てた関係性を重視して下さい。

 

2,先輩は見本であるか?

  挨拶や身だしなみ、笑顔や自己責任を研修内では指導を致しますが、

  職場に戻って折角新入生が実践しようとしても

  周囲の先輩や上司がお手本になっていなければその効果は短命で終わります。

  まずは現在の職場の皆様の状態を基準にまで引き上げて頂くことをお勧めします。

 

 

お申込みはこちらの(http://carita-ia.com/2016NEW.pdf

告知チラシに記載の上FAXでもお受け致しますし、

記載されているメールにお送り頂いても構いません。

ご都合の良い方法をお選び下さい。

 

お申込みの締切り : 2月29日(月)

 

※1日コースは満席となりましたので2日コースのみご案内出来ます。

 

ご不明な点は、osawa@carita-ia.com  講師:大澤いくよ宛にまでお送り下さい。

それでは、どうぞ宜しくお願い致します。